2011年

6月

14日

アニメの話

 

私はアニメ信者でもあるのですが

ここ1週間で観たアニメ映画4本をご紹介します

 

まずは「9〜9番目の奇妙な人形」

 

去年日本で公開されたティムバートン製作の変な映画ですね。

予告編を観たときからぞぞぞっとしていましたが

内容は結構シンプルでした。

ティムバートンは映像のコントラストが好きなのですが

これには無かったかな、、残念。

主役のナインの声はイライジャウッドだったのですね!

最近見ないな。イライジャ。

ともあれ頑張ろうという気持ちにさせてくれる映画です。

 

 

「コララインとボタンの魔女」

 

こちらも2010年の作品です。

ティムバートンっぽいなっと思っていたら

ヘンリーセリックが監督でした。

ナイトメアもヘンリーセリックが監督ですもんね。

あんまり知られてないのかな?

ヘンリーセリック作品はジャイアントピーチも好きですよ。

 

これはもう文句無しに映像美は素晴らしかったです!

どういう手法で撮っているんですかね?ストップモーションでもなさそうだしCG?

 

虫とかたくさんでて気持ち悪いこと甚だしいですが

イマジネーションの世界の虜になってしまいます。

 

主役はダコタファニングが声やってたんだ、吹き替えで観たから知らなかった!

 

 

「COLORFUL」

 

こちらもなんと2010年の映画でした。ラッシュだったんですね。

DIVE!でもおなじみの森絵都さんが原作です。

「あなたは一度死にました」のキャッチコピーで

胸がぞくぞくした方も多いのでは?

私は少なからず風穴を空けられました。

まあ映画館には忙しくて行けなかったのですが、、、

 

世田谷区が舞台で、一度死んだ少年がもう一度人生をやり直すチャンスをもらえるわけです。

過去の自分がどんな過ちを犯したかを模索する試練の半年が始まるのですが、、、

 

あとは観て楽しんで下さい!

 

正直最初はなんだかもうぐちゃぐちゃ人間関係で観ていて疲れました!

だけど見終わっる頃には胸がすぅっとする。そんな映画です。

主人公の成長ぶりが良いですね。

私は兄のツンデレぶりに崩れ落ちました。

おすすめです。

 

「カーズ」

 

ピクサーの中でも人気の高い作品ですね。

今日初めて見ました。

ピクサー作品はカーズ意外全部観ていたのですが

車ものはなんだか惹かれなくて敬遠していたのです。

 

だけど見なかった自分は阿呆です。やはり素晴らしい!胸が高鳴った!

ディズニーは成長を描かせると天下一です。

脳天に響き渡りました。

 

ピクサーはこれから「カーズ2」や「モンスターズインク2」もあるので

実に楽しみですね。

BD集めたい。

 

 

この4作品よりも私が今一番ドツボにハマっているのが

スヌーピーなのですが、その話はまた別の機会に。

 

皆さんも是非ご覧を!