2012年

8月

14日

甲府

8月夏休みの話。

山梨県中部の山中ををウロウロとしていた。

 

都心新宿から約1時間半で着いてしまう手近さ、

近頃ワインに目覚めて来たのも相まって(旅費を惜しんだのもある)

鞄に着替えだけを突っ込んであずさに揺られ一人旅を決行した。

 

甲府は武田信玄縁の地でもあり、

駅前には甲府城がそびえ立つ。

盆地ということもあり、日差しはきつい。

頬っ被りスタイルの年配の方が多く、ぞろぞろと観光に向かっていた。

 

甲府に向かう車中で調べたところ

積翠寺と昇仙峡を訪ねてみたくなり、この日は積翠寺の温泉宿に宿泊をした。

 

近辺には武田神社や要害と呼ばれる山城がある。

宿に辿り着いてから見学に行こうと思ったが徒歩では無理があった。

 

大人しく宿に戻り食事を済ませてゆっくりと露天でくつろいだ。

山中の露天からは甲府の町灯りが揺れており正に絶景。虫の音色が夏の情緒を感じさせる。

これだけでも出向いた甲斐がある。

 

翌日宿を後にして駅へと戻る。

目的地は昇仙峡。日本一と言われる渓谷らしい。

時刻表を見たところ昇仙峡行きのバスが1時間に1本しかなく歩いて向かう事にした。

後になってこのことを深く後悔することになる。

 

昇仙峡までは駅から約12km。小雨が降っていた。

ゆるやかな坂を歩いて町を抜け、山の入り口に着いたがこの先は道がうねうねとした上り坂。

そうか、山道というのを忘れていた。そして履物はサンダルだった。

 

今更引き返すのも躊躇ったので仕方なく山道を行くことにした。

雨はより強くなり苦行を強いられる。

 

中腹まで来た頃甲府の町全体が眺めれる場所に着いた。

しかし距離は伸びない。山道の恐ろしさを痛感する。

 

景色を堪能する暇もなく歩き出す。フラフラになりながら山頂の町(ほとんど村)に着いた。

町役場からだろうかアナウンスが流れた。

「昨日の深夜9時より○○さん宅の○○さん、71歳の行方が不明です・・・・・」

なんというとこに来てしまったのだろうと不安になる。

 

 

 

自販機で水を購入して一気に飲み干しまた歩き出す。

こんな場所でも観光名所というものがあり(何かは忘れた)千代田湖をぐるりと周りながら先を急ぐ。

時間を確認したところ10時半だった。出発したのが9時20分頃だったので約1時間歩いた。

 

千代田湖を通り過ぎるとまた山道になる。

しかし上り坂は終わったらしくゆるやかな道になっていた。

 

トボトボと歩くと昇仙峡入り口の看板が見えた。

ルートは2手に別れていて、ハイキングコースに向かう道か直接昇仙峡山頂に向かうかだ。

 

迷ったあげく山頂に向かう道を選んだ。

人は誰もいない。

 

景色はがらりと変わって山脈が遠くの方に覗く。空気もひんやりとして来た。

今までの道とは違い圧倒的な風景を見渡せるので退屈しない。

 

 

しばらく歩くとトンネルが出て来た。

この先トンネルを3本くぐれば目的地だ。

 

 

 

いよいよだ、と思いながらひたすら歩く。

1本目のトンネルをくぐると景色はより一層変化した。

山肌には奇形岩がでっぱり、下の方では川の流れが聞こえる。

トンネルとくぐれば別世界とはこういうことだな、としみじみ感じる。

 


遠くの山では蒸気が上がり行く先にはトンネルが見える。

自然と足早になって続くトンネルを抜けた。

 

「ようこそ昇仙峡へ」の看板が出迎え数時間ぶりに人に会う。

ここからは昇仙峡頂上までの軽いハイキングコースとなっていた。

 

土産屋でタオルを買って食事処で鮎の塩焼きをいただく。

すぐ下では渓流が轟々と流れている。雨のせいだろう。

この時はすでに雨は止んで晴れ間が見えていた。

 

食事処の方達に応援されて山頂へ向かう。

甲府駅から歩いて来た客は初めての事だったらしい。皆呆気にとられていた。

「歩いて向かいます!」という方が居たら僕は今後絶対引き止めるだろう。やめたほうがいい。

しかし、車やバスで向かうのとは違った感動があるのも確かだ。

苦労の果てに見たあの絶景は歩いた人しかきっと感じられない。

胸と脳に風が吹き抜ける感覚だった。

 

 

 

山頂に向かう間にいくつか名所を楽しんだ。

ハイキングコースは老若男女が歩きやすい安全な道で、子どももはしゃぎながら歩いている。

仙娥滝が途中にありしばらく休憩した。

この先の階段を登ればいよいよ山頂だ。

 

 

続く